August 8, 2022

デジタルLidarで探査を限界まで押し上げ

Ouster High-performance digital lidar solutions

La Venta社の研究者は、OusterデジタルLidarを搭載したFlyabilityの高性能産業用ドローンで探査の限界に挑戦しています。 私たちは協力してアイスランドの僻地にある火山溶岩洞窟と氷河氷穴の高解像度3Dマップを作成し、宇宙探査の改善と気候変動の影響を研究するために寄与しました。

Ousterの顧客であるFlyability社は、スイスのローザンヌにある下水道からモロッコのセメント工場まで、あらゆる場所にドローンを配備して、3Dマッピングや体積測定アプリケーションの採用が増加する時流の中で、工業検査と分析を行っています。 同社が新たに発表した次世代ドローンのElios 3は、OSセンサーを搭載しており、ごつごつした場所、届きにくい場所、または屋内産業施設での使用に最適化されています。

FlyabilityとOusterは、産業現場をより安全かつ効率的にするという共通の公約に加えて、科学研究、探査、持続可能性を可能な限り支援するという使命を持っています。 さらに、最も極端な環境でテクノロジーを限界までテストし、さらに優れたパフォーマンスをお客様に提供したいと考えています。

そのため、私たちはイタリアの研究・観測機関であるLa Venta社と協力してアイスランドへの探査ミッションを遂行し、Fagradalsfjall火山の溶岩洞穴とVatnajökull氷河の氷穴の高解像度3Dマップを作成し、宇宙探査と気候変動の影響をそれぞれ研究しています。.

「今では、想像を絶する環境で3Dマッピングを行うことができます。」

– Francesco Sauro, La Venta

Fagradalsfjall火山で収集されたデータは、地球上での火山噴火後にどのように生命が復活するかを理解するのに役立つだけでなく、欧州宇宙機関の宇宙飛行士が月や火星においての類似した溶岩洞シナリオで研究を行い、宇宙探査に特有の環境や放射線から保護された基地として機能する可能性があるかどうかを評価するのにも使用されます。

一方、Vatnajökullの氷河の洞窟で完了した研究は、ベースラインの体積分析として、今後1年から10年の間に行われるフォローアップ測定と比較されることになります。 これまで、氷河の融解とそれに伴う減少のスピードは、衛星画像を用いて表面積の縮小を計測することで算出されてきました。 新しい科学的研究によると、気候変動モデルは、氷河の「スイスチーズ」的性質を考慮する必要があるということです。 氷河の表面下にある氷穴は、融解水によって作られ、温暖な季節が長く続くと拡大し、氷河の全体量に多大なネガティブインパクトを与えるのです。 氷河の融解速度は、これまで考えられていたよりもかなり速いかもしれません。さらに、氷河融解の影響が火山活動の増加に対応しているかどうかが理解されようとしています。

「Lidarセンシングが可能にする未来は、信じられないほど有望で、今はまだ想像もつかないような新しい実用事例の扉を開けてくれることでしょう。」 — Zacc Dukowitz, Flyability

Flyabilityのドローンを使ったLa Venta社の研究や、デジタルLidarの活用による想像を超えた成果を挙げた今後の事例について、最新情報をお届けします。