June 16, 2022

Third Wave AutomationとOuster: 世界中のフォークリフトを自動操縦化

Ouster High-performance digital lidar solutions

Ouster

ある程度の倉庫自動化を実現するためには、従来の無人搬送車 (AGV) による複雑なインフラの実装が必要でした。 これらの移動範囲は限られており、お客様にとっては実用的ではありませんでした。最終的には、労働力を補完するために、より高い柔軟性と適応可能なワークフローを必要としていました。

Third Wave Automationは、独自の高度な知覚ソフトウェアと、それに協調できる自動操縦プラットフォームを搭載し、ハイブリッド自動操縦車、コンピューター制御による車両管理、遠隔操作、アシスト機能を組み合わせて、時間とともに進化していく包括的貨物操作ソリューションを提供します。 フォークリフトなどの無人搬送車には、最大4つのOusterセンサーが装備されており、物体の検出、位置特定、マッピングなどのタスクを実行します。

Third Wave Automationのソリューションは、新しい貨物操作車両に組み込むことができます。 このシステムは、車両が手動、遠隔操作、または完全自動モードで動作する機能を提供し、エンドユーザーのタスク管理に柔軟性をもたらします。

Third Waveは、知覚パッケージを構築する際に、人とフォークリフトの両方が継続的かつ予測不可能な動きをする忙しい倉庫環境に必要な精度を提供できるLidarを必要としていました。 狭い通路で構成される場では、フォークリフトに非常に近い物体を感知する必要が生じますが、OusterのOS0センサーの高解像度と広い視野により、確実かつ高信頼度のもとに感知することができます。

私自身、20年近くLiDARセンサーに携わっていますが、Ousterの作るものの品質、信頼性、可用性には深く感銘を受けています。 特に、今回使用したセンサーが提供する広い視野は印象的で、複雑な形状で感知が難しいフォークリフトを自動操縦化する際に特に価値があります。 – Mac Mason, 共同創設者兼最高ロボティクス責任者