Ouster Studio LIDARビジュアライザー

Ouster Studioを使用する

  • インストールして使用する(00:00)
  • LIVEセンサーに接続(01:55)
  • LIDARデータの記録(07:15)
  • 記録データの再生(09:20)
Ouster Studioチュートリアルは、2020年11月現在、最新バージョンであるOuster Studioバージョン984を使用して作成しています。バージョン984以前の場合は、最新バージョンに更新することをお勧めします。

Ouster Studioの機能

  • センサーのライブストリームまたは記録されたpcapファイルからの3Dポイントクラウドと2D LIDARイメージを視覚化します。
  • カラーマップを使用して、信号、反射率、範囲など、3Dポイントクラウド内のさまざまなポイント属性を探索します。
  • 接続されたセンサーのモード、発信LIDARポート、およびターゲットIPアドレスをOuster Studioを介して直接構成します。
  • ライブストリームを開く際に、接続されているセンサーからセンサー固有の構成ファイルを取得します。
  • LAN接続とリンクローカル接続の両方で接続されたOusterセンサーのmDNSベースの自動検出を介したプラグアンドプレイネットワーク構成。
  • 後の再生と分析のために、ライブストリームをpcapファイルに記録します。

注意:Ouster Studioにはファームウェアv2.0以降が必要です。